更年期と関節痛の関係

更年期と関節痛の関係

更年期になり関節に痛みが生じるのは更年期特有の症状でもありますが、これも人によって痛みには違いがあり、時には全身に痛みを感じるようなこともあります。痛みもなぜ痛みが生じるのかを理解して対処方法を考えましょう。

更年期に起きる関節痛の症状は、どのようなもの?


lkjhggh

更年期になり手首や足首などがこわばった感じがしたり痛みがあるということがありますが、これは更年期の特有の症状となっています。

体の関節が動きにくくなったりそのうちに痛みが出てきたりということで日常生活の中でも常に痛みを感じながらといったことも少なくありません。

実際にどのような症状がるのかというと最初は関節がポキポキと鳴ったりしておかしいなと感じているうちに手首や足首などに痛みを感じるようになるという症状がよくみられます。

中にはその後かかとをつくことが痛みでつらくなるということもあります。痛みはなくとも手首や足首にこわばりを感じるということもよくある症状となっています。

更年期で関節が痛くなる原因は?

更年期に関節が痛くなるのはどのようなことが原因となっているのでしょうか?

更年期になると女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、これによって体には様々な不調を感じることになり、その一つが関節の痛みとなります。

エストロゲンが減少してしまうことで関節を支える働きを担っている軟骨や筋肉が衰えてきてしまい、そのために関節を支えることが大きな負担となり痛みとなります。

他にも血行が悪くなってくるためにさらに痛みなどがひどくなるということもあります。

中には手首や足首だけでなく全身に痛みを感じるようなこともあります、更年期だから仕方がないでは済ませることができないということもあるでしょう。

更年期は耐えて過ごすものということはありませんから更年期の症状を少しでも和らげるための努力を行ってみることも大事なことになります。

更年期と骨粗しょう症の関係

更年期になり関節に痛みを生じてしまうのは更年期特有の症状の一つとなりますが、それだけでなく注意しておきたいこともあります。

その一つが骨祖しょう症ですが、骨祖しょう症というと高齢者に起きるものというイメージもあるでしょう。

しかし、骨祖しょう症は、決して高齢者だけの問題ではなく、女性の場合にはちょうど閉経する前の40代後半から骨に変化が現れてきます。

40代後半あたりになると骨密度が低下する傾向にあるためですが、ここで問題となってくるのが更年期との関係となります。

更年期には女性ホルモンであるエストロゲンが減少してしまいます。このエストロゲンは、骨の吸収を抑えるという働きを行っていますからエストロゲンの減少によって骨の吸収がされやすくなってしまうのです。

さらには年齢と共に新陳代謝が落ち、新しい骨を作るスピードが遅くなっていることから骨は減少しながらも補うことができないという状態になってしまいます。

つまり更年期は骨祖しょう症になりやすい時期ということになります。

pppp

骨祖しょう症はどのくらいでなるの?

骨祖しょう症は骨密度の低下によっておきます。更年期の際には骨密度が低下しやすい時期となり、骨祖しょう症も心配な時期ということになります。

では、骨祖しょう症は一体どのくらいの状態でなるのかというと、20歳から44歳までの成人の骨密度を基本の100と考えると骨祖しょう症は、そこから30%以上減少した場合です。

人によって個人差はありますが骨密度の減少を意識することなく対策などをとらずに更年期を過ごしてしまうと、いずれ骨祖しょう症となる可能性は高くなりますから意識的に改善に努めることが必要です。

更年期の関節の痛みの治療はどうする?

ooop

更年期の関節の痛みは更年期の症状の代表的なものとなっていますから、仕方がないと言えばしかたがありません。

とは言っても違和感を感じる程度であれば問題ないのですが、痛みがある場合にはやはり何とかしたいと考えるのが当然です。

更年期の関節の痛みは本当は関節が痛んでいるということではなく関節周辺の神経がしびれているというのが正確なところです。

その神経も刺激に対して敏感に反応しているということになるので、いずれ症状は治まります。

関節に問題があるわけではありませんから我慢できるようであれば、そのままにしておいてもよいのです。

ですが、痛みがひどくてつらいような場合には医療機関を受診して必要に応じて治療を行うことになります。

治療としてはエストロゲンを補充するものとなりますからできるだけ日ごろの食事などにも気を使ってエストロゲンの減少を補うようにしましょう。

更年期の痛みはそのままでいいの?

更年期の関節の痛みは時が過ぎれば自然と治まるというのが一般的なものとなっています。ですが時には気を付けないといけない痛みもあります。

更年期障害の痛みは関節の周辺の神経が過敏に反応しているためのしびれが痛みなどとなるのですが、更年期といっても時には関節自体に痛みがあるようなこともあります。

これは更年期ということではなく関節炎になっているということですから、この痛みは我慢してはいけないものです。

もう更年期でもおかしくない年齢だからということで関節の痛みも我慢しているうちに、実際に関節炎になっており治療が間に合わない状態になってしまうということもあります。

たしかに判断は難しいものです。ですから痛みがあるような場合には、あまり簡単に考えてしまうことなく、その痛みの原因がどのようなことなのかを確認するようにしましょう。

プロテオグリカン

 

意外と知らない?
カテゴリ
最新の投稿